2007年06月12日

LAN技術研究室(トップページ)

LAN技術研究室(LANに関心がある人のために情報を提供しているサイト)

最新更新情報

(1) ネットワーク技術用語集(「LAN技術研究室」付録)
用語集を更新しました。



御案内

はじめまして、「LAN技術研究室」を公開している管理人のケロ丸です。
ケロ丸は、ホームページで使う私のペンネームです。
当サイト(LAN技術研究室)では、LANローカルエリアネットワーク)を初めて始められる方から、もう既に企業などでネットワークの仕事をしている方を対象に情報を公開しています。
以下の目次の項目の上から順に学習していけるような構成になっています。
今後、加えた方が良いとケロ丸が判断した項目は後から追加されることもあります。
なお、現在LANで役立つツールの開発も行っています。
出来上がり次第公開する予定です。
また、ネットワーク関連の用語に関しては、ネットワーク技術用語集(「LAN技術研究室」付録)をクリックして検索できます。
用語に関しては、今後も時々追加していく予定です。
LAN技術研究室は、非常に情報量が豊富です。
それでは、「LAN技術研究室」をたっぷり御覧下さい。
気に入ったら、お気に入りに入れてね(^_-)

LAN技術研究室」をお気に入りに追加



目次

  1. LANの初歩

    1. LAN初歩の初歩

      1. LANについての概要
      2. プロトコルの基礎
      3. LANで使う通信機器の歴史
      4. CSMA/CDとは?

    2. LANで使うケーブル

      1. LANで使うケーブルのページトップ
      2. LANで使われるUTPケーブルの基礎知識(1)
      3. LANで使われるUTPケーブルの基礎知識(2)
      4. LANで使われるケーブルや器具の基礎知識
      5. LANで使われるケーブルの製品紹介
      6. PoEについて

    3. イーサーネット

      1. イーサーネット
      2. NICNetwork Interface Card)の仕組み
      3. ギガビットイーサーネットGigabit Ethernet)の仕組み
      4. 1000 BASE-Tの符号化方式
      5. 10ギガビットイーサーネット10 Gigabit Ethernet)の仕組み

    4. ネットワーク層プロトコル

      1. IPInternet Protocol
      2. NetBEUI

    5. NetBIOS


    6. IP関連補足

      1. IP関連補足のページトップ
      2. IPアドレスについて
      3. プライベートIPアドレスグローバルIPアドレスについて
      4. ブール代数とは?
      5. 10進数・16進数・2進数の相互変換計算の方法について
      6. 1の補数2の補数の計算方法について
      7. チェックサムの具体的な計算方法の紹介
      8. ネットワーク・バイト・オーダーNetwork Byte Order)について

    7. 特殊な用途に利用されるプロトコル

      1. アドレスの解決に使われるプロトコル

        1. ARPRARP

      2. LANの診断に使われるプロトコル

        1. ICMPInternet Control Message Protocol

      3. マルチキャスト環境でのグループ管理に使われるプロトコル

        1. IGMPInternet Group Management Protocol

    8. トランスポート層プロトコル

      1. TCPTransmission Control Protocol

        1. TCPの役割と特徴
        2. TCPヘッダーとその説明
        3. TCPにおける伝送制御手順
        4. TCPの処理詳細

          1. フラグ処理

          2. ウィンドー処理

          3. フロー制御輻輳制御

          4. TCPオプション処理


      2. UDPUser Datagram Protocol

    9. UDPの上位プロトコル

      1. DHCPDynamic Host Configuration Protocol

    10. ハブスイッチ

      1. ハブスイッチ(1)のページトップ
      2. 10 BASE-T100 BASE-TXの信号符号化方式
      3. リピータハブの仕組みと機能
      4. スイッチングハブの仕組みと機能
      5. リピータリピータハブブリッジスイッチングハブスイッチとそれぞれの関係について
      6. リピータハブスイッチングハブにおける電気信号の流れの違いについて
      7. LANを流れるデータの解析についての基礎知識
      8. ハブスイッチ(2)のページトップ
      9. ブリッジスイッチアドレス学習機能
      10. スイッチの転送方式について
      11. スイッチフロー制御について
      12. スイッチオートネゴシエーションについて
      13. インテリジェントハブインテリジェントスイッチについて

    11. SNMPRMONについて

      1. SNMPについてのページトップ
      2. SNMPの概要
      3. MIBの構造
      4. SNMPマネージャーについて
      5. SNMPメッセージについて
      6. RMONについて

    12. スパニング・ツリー・プロトコルSTP


    13. VLAN

      1. VLANのページトップ
      2. VLANについて
      3. 認証VLANについて

    14. ルーター

      1. ルーターの種類について
      2. ルーターの仕組みと機能
      3. ルーターについて(前編)
      4. ルーターについて(後編)
      5. ブルータについて
      6. NATNAPTIPマスカレードNAT+NATeエンハンスドNAT)の基礎
      7. 動的ルーティングプロトコルについての概要
      8. ブロードバンドルーターについて

    15. レイヤ3スイッチ

      1. レイヤ3スイッチ(1)のページトップ
      2. レイヤ3スイッチについて
      3. レイヤ3スイッチの種類について
      4. レイヤ3スイッチの仕組み
      5. レイヤ3スイッチの高速化技術について
      6. レイヤ3スイッチ(2)のページトップ
      7. レイヤ3スイッチの機能
      8. レイヤ3スイッチVLANについて
      9. レイヤ3スイッチルーターの違いについて
      10. レイヤ3スイッチの導入時の注意点ついて

    16. 無線LAN

      1. 無線LANの基礎知識
      2. 無線LANネットワーク形態
      3. 無線LANと普通のLANの違い
      4. IEEE802.11無線LANの規格
      5. 無線LANアクセスポイントの選び方
      6. 無線LANの設定のポイント
      7. 無線LANの用途
      8. 無線LANセキュリティ
      9. ローミング(roaming)
      10. 無線LAN規格(IEEE802.11b)の仕様

      11. 無線LAN規格(IEEE802.11g)の仕様

      12. 無線LAN規格(IEEE802.11a)の仕様

      13. 最新無線LAN規格(IEEE802.11n)とは何か
      14. IEEE802.11無線LAN技術の詳細

        1. IEEE802.11インフラストラクチャーネットワークの詳細
        2. IEEE802.11MACフレームの種類と用途
        3. IEEE802.11MACフレームの詳細

    17. LAN技術者の必須知識

      1. LANセキュリティ技術 New

        1. ファイアーウォールの概要 New

      2. ネットワークソフトウェアの構造

        1. ソケットの基礎(1)


      3. ストレージネットワークとその技術

        1. SANStorage Area Network)の概要

  2. LAN関連技術

    1. WAN

      1. ADSLFTTHについて

  3. 免責事項
  4. LAN技術研究室」について
  5. LAN技術研究室」とのリンクについて
  6. LAN技術研究室」のすべてのページで記載された商標について
  7. LAN技術研究室」の管理人(ケロ丸)が運営する他のサイト
  8. ネットワーク技術用語集(「LAN技術研究室」付録) 更新



LAN初歩の初歩

LANについての概要

ローカルエリアネットワークの図

小規模なLANを構成すると、上の図のようにネットワークに様々な通信機器(例えば上の図にあるようなハブ)やコンピュータが接続されています。
ハブというLANを構成するのに重要な通信機器が登場したので、現在LANで使われる通信機器の話から始めましょう。
上の図のようにたくさんあるコンピュータに接続しているLAN専用のケーブル(UTPケーブル)を集線している機械がハブです。
これがないと、どのコンピュータとも通信ができません。
つまり、2台のコンピュータの間でしか通信ができないことになってしまいます。
LANには、ハードウェアの規格があり、通信を行うための約束事(プロトコル)があります。
前者には、今主流のイーサーネットEthernet)があり、後者には、皆さん御存知のIPインターネットプロトコル)やTCPTransmission Control Protocol)などがあります。
イーサーネットは、ゼロックス社が開発したもので、現在圧倒的な主流規格となっています。
他にトークンリングなど幾つかありますが、現在ではほとんど使われていません。
このイーサーネットも幾つかの方式に分かれています。
1990年代初頭ぐらいでは、主に以下の方式がありました。

(1) 10 BASE-5
(2) 10 BASE-2
(3) 10 BASE-T

(1)と(2)では同軸ケーブルを使用しました。
こういうケーブルで繋ぐネットワークの形態(トポロジー)をバス型と呼びます。
トポロジーという言葉は数学に出てきますが、LANの場合はネットワークの形態を指します。
バス型は最近ではあまり使われていないようです。
代わって、この当時からあったスター型トポロジーが現在では主流です。
スター型の代表は、この当時は(3)の10 BASE-T(テンベースティー)です。
(1)の場合、テンベースファイブと言い、太い同軸ケーブルを使用し、昔会社で床下に配線されていました。
10 BASE-5では、イエローケーブルと呼ばれる太い同軸ケーブルと、トランシーバーケーブルAUIケーブル)と、トランシーバーという機械を使用します。
トランシーバーは、イエローケーブルと接続し、AUIケーブルトランシーバーとコンピュータの間に接続していました。
残念ながら最近ではあまり見かけないので写真をお見せすることができません。

赤のUTPケーブルと細い同軸ケーブル

(2)の場合、テンベースツーと言い、写真にあるクリーム色のような細い同軸ケーブルを使用し、比較的規模の小さいLANを構築できました。
T型コネクタという小さなTの字の器具をケーブルとケーブルの間に取り付けてコンピュータを繋ぎましたました。
私は、90年代初頭自宅で10 BASE-2と(3)の10 BASE-Tの混在したLANを構築してネットワークの研究とネットワークソフトウェアの研究開発に専念していました。
当時は結構機器が高額でした。
スター型トポロジーでは、上の写真の左側の赤いケーブルを使用します。
このケーブルのことをUTPケーブルと言います。
10 BASE-Tは、現在では主流の100 BASE-TX(100ベースティーエックス)やギガビットイーサーネットと同じ方式です。
通信速度が違うだけです。
これらのトポロジーは、スター型と呼ばれるものでハブを中心に放射線状にネットワークが広がります。
テンベースの10とは10Mbpsのことで、1秒間に10メガビットのデータを送信できるという意味です。
bpsとは、ビット/秒の略です。
そうすると100なら1秒間に100メガビットのデータを送信できるという意味になり、ギガビットイーサーネットGigabit Ethernet)では1000なので、1ギガビットのデータを送信できるという意味になります。
(3)の系列の方式はみんなハブという機械を使います。

前述の3つのイーサーネットの方式の後に登場した主な新しい方式(ファーストイーサーネットギガビットイーサーネット)を以下にあげておきます。
以下は何れも10 BASE-T同様スター型トポロジーです。

名称ケーブル種別の表記速度ケーブルの種類セグメントの最大長
ファーストイーサーネット
Fast Ethernet
100 BASE-TX 100Mbps カテゴリ5以上。
カテゴリについては、LANで使われるUTPケーブルの基礎知識(1)で解説しています。
100m
ファーストイーサーネット
Fast Ethernet
100 BASE-FX 100Mbps 光ファイバー 2〜20km
ギガビットイーサーネット
Gigabit Ethernet
1000 BASE-T 1Gbps カテゴリ5e以上。 100m

ケーブル種別の表記は、主に伝送方式と通信速度を表しています。
10 BASE-5などの表記の意味を説明しましょう。
10 BASE-5の場合、最初の10はMbps単位の通信速度を示し、次のBASEベースバンド伝送方式を意味し、最後の5は1セグメントの最大長である500mを表します。
ベースバンド伝送方式とは、デジタル信号を送る前に変調したり、受け取ってから復調したりせず、デジタル信号(0と1の信号)を電圧の高低でそのまま送る方式を指します。
セグメントの最大長は、リピータなどの中継装置を間に入れずに通信できる最大の範囲を指します。
つまり、電気信号を増幅しなくても通信ができる最大の長さを意味します。
セグメントに関しては、セグメントネットワーク技術用語集(「LAN技術研究室」付録)】のページを参照して下さい。
また、10 BASE-2では、最後の2は1セグメントの最大長である約200m、正確には185mを表します。 また、上の表に書いたファーストイーサーネットより古い初期のイーサーネットでは、10 BASE-Tが使用されていました。
10 BASE-Tの語尾のTは、ツイステッドペアケーブルTwisted Pair Cable)を意味し、最大セグメント長は100mです。

LAN技術研究室の目次
ネットワーク技術用語集へ行く



プロトコルの基礎

この項目では、LANと関係した技術でよく登場するプロトコルレイヤプロトコルの階層)の初歩的な解説を行います。
プロトコルとは、前述したようにコンピュータが互いに通信を行う時の約束事(通信規約)を言います。
電話でも日本では日本語が約束事となるのと同じです。
コンピュータの通信の場合も環境によってプロトコルが変わります。
プロトコルは、下の表にあるネットワークレイヤごとに分かれています。
下のカラフルな円柱の図のように階層化されて色分けされています。
色違いの1つ1つがプロトコルであり、1つ以上のレイヤになります。

OSI参照モデル
階層階層名称利用対象備考
レイヤアプリケーション層電子メール・ファイル転送などアプリケーションプログラム
レイヤプレゼンテーション層情報の表現形式・書式漢字コード変換など
レイヤセション層データの同期などの会話制御開始と終了の制御
レイヤトランスポート層システム間の情報伝送の制御再送制御や誤り検出
レイヤネットワーク層経路選択や情報転送の制御ルーターレイヤ3スイッチ
レイヤデータリンク層隣接するノード間でデータ転送をする機能を提供するブリッジレイヤ2スイッチ
レイヤ物理層信号のビット表現や転送形式、コネクタの形状、信号の配置など銅線や電気信号

データリンク層は、上からさらにLLC層MAC層の順に分かれます。
LLC層は、LANの標準化を行っているIEEE802委員会という組織の16のワーキンググループの内、IEEE802.2というグループで策定されたものです。
IEEEとは、米国電気電子技術者協会のことです。

TCP/IP階層モデル
階層階層名称利用対象
レイヤアプリケーション層電子メールやWebなどOSI参照モデルのセション層以上全部
レイヤトランスポート層OSI参照モデルのトランスポート層に対応し、接続指向(TCP)や非接続指向(UDP)の通信を行う。
レイヤネットワーク層OSI参照モデルのネットワーク層に対応し、IPパケットという単位でデータを転送する。
レイヤインターフェイス層OSI参照モデルでは対応する階層がなく、上位のIPリンク層に依存しないで通信ができるように共通化したインターフェイスを提供
レイヤリンク層OSI参照モデルのデータリンク層物理層の機能とほぼ同じであり、イーサーネットATMなどがあてはまる。


ここで1つ例を示しましょう。

プロトコル階層モデル

上のカラフルな円柱の図を見て下さい。これはインターネットでも使われる一般的なTCP/IPとその上位階層モデルです。
一番下のイーサーネットは、OSI参照モデルでは物理層データリンク層TCP/IP階層モデルではリンク層に相当します。
その上のIPは、OSI参照モデルではネットワーク層、TCP/IP階層モデルでもネットワーク層に相当します。
その上のTCPUDPは、OSI参照モデルでもTCP/IP階層モデルでもトランスポート層に相当します。
その上のHTTPは、OSI参照モデルではセション層〜アプリケーション層、TCP/IP階層モデルではアプリケーション層に相当します。
HTTPは、みなさんがいつも使われているブラウザとWWWサーバーとの間で通信を行う時に利用されています。
実際は上の円柱だけではなく、様々な階層パターンがあります。
IPの部分より上がまったく違うパターンもあります。
このように、各レイヤ階層)と様々なプロトコルが対応しています。
どのプロトコルを使用するかによって、いろいろ組み合わせパターンが異なります。
また、これらの抽象的なプロトコルという概念をソフトウェアの集合体で具体的に実現する必要があります。
そこで、このようなソフトウェアの集合体は、OSI参照モデルなどのプロトコル階層構造に従って、下から積み上げたような構造を成しています。
実際に、西洋の皿を積み上げる器具(スタック)のように、下からこれらのソフトウェアを積み上げていきます。
このようなソフトウェアの構造をプロトコルスタックと呼びます。
プロトコルスタックは、OSや通信の目的によっても内容が変わります。
つまり、貨物列車の荷物の入れ替えのように積み上げるプロトコルに対応するソフトウェアを入れ替える必要があります。
ここまでの説明でネットワークプロトコルネットワークレイヤについておわかり頂けたでしょうか。

LAN技術研究室の目次



LANで使う通信機器の歴史

とりあえず、プロトコルに関する簡単な解説をしたので、LANで使う通信機器について解説します。
この項目では、「LANで使う通信機器の歴史」と題して、今ではあまり使われていない古い歴史的な機械から説明します。

  1. リピータ


  2. 最近あまり聞かれなくなったリピータという装置について簡単に説明します。
    例えば、2階建ての建物があり、1階にも2階にもイーサーネットネットワークがあり、1階と2階のネットワークを繋ぎたい時、このリピータという装置を使って中継します。
    これを使う時は、同軸ケーブルを使っていた前述の10 BASE 5のようなバス型ネットワーク形態が普及していたころでした。
    今ではハブが普及しているので、スター型ネットワーク形態になり、このような装置はもう使われなくなりました。
    今ではこのようなケースでは1階と2階のネットワークの間にルータースイッチをはさめばすみます。
    バス型トポロジーで使用されるリピータは、今ではまったく使われていませんが、リピータの機能はスター型トポロジーで使用されるリピータハブに受け継がれています。

  3. ブリッジ


  4. 次にこれも最近あまり聞かれなくなったブリッジという装置について簡単に説明します。
    リピータに比べるとブリッジはもう少し機能が高い装置で、リピータよりもう少しネットワーク階層が高く、もうちょっと効率的な通信ができます。
    もう少しわかりやすく言うと、リピータが電気信号だけをもう一方のセグメントに流しているだけなのに対して、ブリッジでは宛先としてのMACアドレスという16進数が6桁の番号を使用して特定の装置にデータを送ることができる中継装置です。

    また、前述のブリッジデータリンク層で中継し、リピータ物理層で中継します。
    これらのネットワーク階層に関しては、前の項目で既に解説しました。
    ちなみに、ネットワーク層で中継するルーターという機械もあります。
    リピータブリッジルーターは、それぞれ中継装置と呼ばれる機械の一種です。

    ブリッジは、今ではまったく使われていませんが、機能が改善されてスター型トポロジーで使用されるスイッチングハブ(別名レイヤ2スイッチ)に発展しました。
    ブリッジは、複数のポートを同時に利用することはできませんでした。
    そのため、多数のポートがあっても、2つのポートが送信と受信を行っている間、他のポートが空いていても通信ができない状態が続きます。
    大勢使っていて混雑している時は、トラフィックが増大し、通信効率が悪いです。
    ところが、複数のポートを同時に利用できるレイヤ2スイッチが登場し、リピータハブより優れていることから、今ではレイヤ2スイッチが多く使われるようになりました。
    レイヤ2スイッチでは、大幅に通信効率が改善されました。
    大勢使っていてもブリッジよりはるかに負荷が軽減されました。
    レイヤ2スイッチは、ブリッジの欠点を改善して生まれました。
    レイヤ2スイッチは、スイッチングハブとも言い、ブリッジが進化した中継装置と考えられます。

  5. リピータハブシェアードハブ


  6. リピータハブは、まだ今でも使っているところもあるかもしれませんが、今ではほとんどがスイッチングハブを使用しています。
    リピータハブは、前述のリピータとしての機能を持っています。
    従って、電気信号だけを流します。

前述したこれらの中継装置の詳細に関しては、目次を参照して該当項目をクリックすると、参照できます。

LAN技術研究室の目次



CSMA/CDとは?

その昔、1970年代にハワイ諸島を結ぶUHFの電波を使用した無線通信システムがアロハシステムでした。
アロハネットと呼ばれるこの無線通信技術を元に1973年にゼロックスのロバート・メトカフ氏によってイーサーネットに関する論文を発表した。
これは、無線に代わり同軸ケーブルを使用したものでした。
また、このロバート・メトカフ氏はその後スリーコムを設立しています。
その後、ゼロックスなど数社の共同の改良作業によって実用化され、現在に至りました。
そのため、イーサーネットと言えば、今のLANのハードウェア規格のことを指します。
このイーサーネットの制御方式を搬送波感知多重アクセス/衝突検出方式と言い、英語で正確に言うと、Carrier Sense Multiple Access with Collision Detectionと言い、その略称がCSMA/CDです。
CSMA/CDと呼ばれるアクセス制御方式の概要は以下のとおりです。

例えばあるパソコンから出た信号は、同じケーブルに繋がっていればすべてのパソコンに伝わります。
この時、他のパソコンが発信していないかことを確認してから信号を出すという方法を採ります。
これをキャリア・センスと呼びます。
こういうプロトコルを決めておくと、複数のパソコンが互いに発信して、信号同士が衝突することを防げます。
しかし、あるパソコンが仮にケーブルに信号が出ていないことを確認しても、タイミングが悪く2台のパソコンが同時に信号を出せば、信号がケーブルの中で衝突し、異常な電圧が発生します。
そこで、このような電圧異常を検出し、このような電圧異常が起きたことをパソコンも含めた通信機器同士の信号衝突と見なし、発信するのをしばらく待って後で再送します。
このような仕組みは前述のアロハシステムにはなく、イーサーネットらしさが出ている部分と言えます。
このような衝突の検出をコリジョン・ディテクションと言います。
また、前述のマルチプル・アクセスに関しては以下のようになります。
LANのケーブル上に信号(キャリア)が出ているかどうかをチェックする前述のキャリア・センスを行う際、ケーブルに接続されているすべてのパソコンは、自分宛の信号が来るかどうかを待ちます。
このことをマルチプル・アクセスと言います。
マルチプルは、この場合複数のパソコンを指します。

CSMA/CDは、LANの標準化を行っているIEEE802委員会という組織の16のワーキンググループの内、IEEE802.3というグループで策定されたものです。
IEEEとは、米国電気電子技術者協会のことです。
CSMA/CDは、前述のOSI参照モデルで見ると、MAC層物理層に相当します。

LAN技術研究室の目次



免責事項

記事内容を参考にして何らかのことを行い、何らかの損害が発生しても、私(ケロ丸)は一切責任を負いません。
予め御了承下さい。


LAN技術研究室」について

当サイト(LAN技術研究室)では、LANローカルエリアネットワーク)を初めて始められる方から、もう既に企業などでネットワークの仕事をしている方を対象に情報を公開しています。
また、アフィリエイトでささやかな広告手数料をいただいて運営費にあてております。


LAN技術研究室」とのリンクについて

リンク自由です。
すべてのページに対してリンク自由です。


LAN技術研究室」のすべてのページで記載された商標について

インテル、Intel、Itanium、XeonPentiumは、アメリカ合衆国およびその他の国におけるインテルコーポレーションまたはその子会社の商標または登録商標です。
Microsoft®、Windows®、Windows® XP、Windows® 2000、Windows® Me、Windows® 98、Windows® 95、Windows® CE、Windows NT®、Visual C++®、Visual Basic® は米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
アップル、アップルのロゴ、Mac、および、Macintoshは、アメリカ合衆国およびその他の国々におけるApple Computer,Inc.の登録商標です。
LinuxはLinus Torvaldsの米国およびその他の国における登録商標あるいは商標です。
Wi-Fi、Wi-Fi CERTIFIEDのロゴは、Wi-Fi Allianceの登録商標です。
その他、記載の商品名などは、一般に各社の登録商標または商標です。



LAN技術研究室」の管理人(ケロ丸)が運営する他のサイト

以下の幾つかのサイトは、ケロ丸が運営している主な姉妹サイトです。
こちらの方にも来て下さいね。

ケロ丸のパソコントラブルSOS
地デジのことならケロ丸におまかせ!
液晶テレビ技術研究室
プラズマテレビ技術研究室
役立つExcel(エクセル)自作VBA関数
Excel(エクセル)VBAを例文で学ぼう



LAN技術研究室の目次
LAN技術研究室のページトップ


© 2007-2011 Toyozi Masuda All rights reserved.

posted by ケロ丸 at 17:34| Comment(0) | TrackBack(2) | LAN技術研究室の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック


Excerpt: 迅速な発送をしていだだき動作も問題なくてIP電話の設定も難なくできました。現時点では一番安く入手できるお店だと思います♪使い勝手は良いです。IP電話にするならコレです。設定も比較的に簡単でしたよ!但し..
Weblog: 通信機器の1日
Tracked: 2007-07-23 16:15

【ポイント10倍〜8/17(金)9:59まで】【デ
Excerpt: ●電源内蔵の5ポート用10BASE-T/100BASE-TXスイッチングハブです。●スチール製だから丈夫でしかも放熱性に優れています。●AUTO-MDIX機能搭載です。●ファンレス設計で動作音が静かで..
Weblog: 通信機器の思い入れ
Tracked: 2007-08-12 10:47
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。